ヨガ 瞑想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

初心者でもレッスンを受けやすいヨガ。幅広い年齢層に支持されています。

呼吸を意識し、しっかりとポーズを取ることで、身体もスッキリするのが魅力です。

自律神経のバランスを整える効果があると言われており、肩こりや腰痛が軽減した、寝つきが良くなった、という方も多いです。

大半のスポーツクラブのスケジュールに組み込まれているヨガ。

初心者も入りやすく、おススメです。

スポンサーリンク

スポーツクラブでのヨガのレッスン名

スポーツクラブのレッスン名は場所によって異なります。

・ハタヨガ

・リラックスヨガ

・パワーヨガ

・アクティブヨガ

・ホットヨガ

などがあります。

一般的に、ヨガと言っても種類があり、ハタヨガ・アシュタンガヨガ・パワーヨガ・アイアンガーヨガ・シヴァナンダヨガ・ヴィンヤサヨガ・クリパルヨガ・ホットヨガ・陰ヨガ、と様々です。

ヨガ 瞑想

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポーツクラブのインストラクターは複数のヨガを教える免許を持っている方も多く、「ハタヨガ」、「リラックスヨガ」など、初心者向けとしてあげているレッスン名の場合、インストラクターが気候やコンディションに合わせた形で、ヨガの種類にとらわれず、各自のヨガのポーズを組み合わせて指導してくれることもあります。

スポンサーリンク

はじめてヨガレッスンを受ける際の注意点

スタジオレッスン開始10分前にはスタジオ内へ

スタジオレッスン開始の15分前にスタジオを開けるケースが多いです。

インストラクターから、スタジオへ入って良いです、と指示を受けるまでは、スタジオ前で待つことが大事。

人気の高いインストラクターの場合、スタジオへ入る前に並んでいることもあります。こういう場合はしっかりとルールを守り、並びましょう。

ヨガマットを敷きましょう

スタジオが空くと、まずはヨガマットを敷き、自分の場所を確保することが必要になります。

ヨガマットはスタジオのはしに置かれていることが多いです。

ヨガマットを取りに行き、空いているスペースをみつけて、自分のスペースを確保しましょう。

ヨガマットの位置をチェックしよう

ヨガでは、マットの上で横になったり、上下左右に身体を動かすことが多いです。

隣の人や前後にぶつからないよう、手を前後左右に広げられるような位置に、ヨガマットをセットします。

マットの上に座り、両手を広げた状態で、周囲の人にぶつからないかチェックすると良いです。

両手を広げてぶつからないスペースが必要。

また、マットに横たわった時、前後の方に足や頭がくっついたりしないよう、ほどよい距離を保って下さい。

ルームシューズと靴下を脱ぎましょう

ヨガを行う際、裸足で行うのが基本です。

シューズと靴下を脱ぎ、自分の周囲の邪魔にならない場所か、スタジオの後ろ部分や両端の邪魔にならないところへシューズと靴下を置くのも良いです。

準備が整いましたら、ヨガマットの上で、レッスン開始まで待ちましょう。

タオルや水筒などは、手の届きやすい場所に置くと良いです。

自分のスペースを確保できたら、マットに座り、インストラクターの指示を待ちましょう。

スポンサーリンク

インストラクターの指示に合わせ、しっかりと身体をのばしましょう

レッスン開始後、インストラクターの先生が指導してくれます。

マットの上で呼吸を意識し、リラックスできる、ゆったりとした呼吸法を行うケースが多いです。

あぐらを組み、鼻から吸って鼻から吐く、鼻呼吸を意識し、呼吸の力を利用しリラックスする状態にします。

インストラクターがヨガのポーズの説明をしながら、お手本を見せてくれることが多いです。

先生の指導に従い、体を動かしていきましょう。ポーズによっては、肩や腰・ひざに痛みが出る方もいらっしゃいます。

ヨガの基本は心地よい状態で体を動かすこと、です。

身体が固くて動かない、腰や肩が痛い、という方は無理をしないで下さい。

痛みが出る場合は、無理をして周囲と同じポーズをとる必要もありません。

レッスン終了の5分から10分前になると、瞑想タイムに入ります。シャバ―サナという、ヨガの「屍のポーズ」を行います。

マットの上へ横たわり、力を抜いてリラックス。目を閉じて、何も考えないようにし、瞑想します。

瞑想が終わると、先生がスタジオの電気をつけ、明るくなりレッスン終了です。

ヨガレッスン後はマットを片付けましょう

レッスン後は、スタジオ内のマットを置いてあった位置へ、使用したマットを持っていきましょう。

マットを片づけた後は、レッスン前に着用していた靴下とシューズをお忘れなく。靴下とシューズをはき、スタジオの外へ出ましょう。

以上でヨガのレッスンは終了です。

ヨガレッスンを受けると、激しい運動をした後でも、体の力が抜け、すっきりと疲れがとれます。

レッスンの最後の「屍のポーズ」の瞑想で眠ってしまう方も多いです。

心も体もリラックスできますよ。

ヨガ初心者レッスン まとめ

年齢関係なく行えるヨガ。

呼吸を意識し、しっかりとポーズを取ることで、身体もスッキリします。

インストラクターの指導のもと、無理のない、心地よい状態でポーズを取ることで姿勢もよくなり、リラックスできます。

スタジオへ入ってからの注意点

・スタジオレッスン開始10分前にはスタジオ内へ入り、マットを取りにいきます。

・スペースを確保し、ヨガマットを敷きましょう。

・シューズと靴下を脱ぎ、スタジオの後ろか、自分の横で邪魔にならない場所へ置きます。

・準備ができたら、マットの上で座って、インストラクターの指示を待ちます。

・レッスンが終了したら、マットを定位置に戻しましょう。

注意点やマナーを守り、快適にヨガを楽しみましょう。
肩こりや腰痛が軽くなった、寝つきが良くなった、など、ヨガをやって良かった、という方が多いです。
楽しみながら健康を維持したいですね。
スポンサーリンク
おすすめの記事