トータルテンボス息子 替え歌弾き語りが話題!コロナ葛藤 歌詞が秀逸
スポンサーリンク

5月4日に放送された「スッキリ」で、お笑い芸人・トータルテンボス大村朋宏さんの息子さんの動画を紹介していました。

替え歌の弾き語りが話題になっているのは、トータルテンボス大村さんの息子・晴天(はるく)くん、13歳。

ギターを弾きながら作った替え歌が話題なんです。

Official髭男dismさんのPritenderの替え歌。

歌が上手く、歌詞がすごい!と話題に。

スポンサーリンク

芸人の息子が作る替え歌!テーマはコロナの自粛

トータルテンボスの大村さんの息子さん、晴空(はるく)くん

現在13歳です。

テーマはコロナウイルスの自粛について。

タイトルは、プリテンダーの替え歌で、「怒ってんだー」です。

「怒ってんだー」作詞:晴空くん

気味の悪いウイルス 今日もいつも通り

ずっと前から自粛生活

ずっと家にいたって 結局ストレスたまってく

助けて安倍総理 結果いつも通り

慣れてしまえば悪くはないけど

友達ともずっと会えないし

もう耐えられぬことを知った

もっと違う人生で もっと違う計画で

ひろがるウイルス 防げたらよかった

もっと違う政策で もっと違う作戦で

ウイルスを追い出せるならいいな

そう願ってもむなしいのさ

グッバイ!お前のいる場所はここじゃない

今すぐ出て行け でもそれがムズいのさ

家の外で触れただけで

いやいや いややだ 消毒消毒

グッバイ!それじゃいつに収束するの

答えはわからない 早く分かりたいのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

コロナ嫌いだ

13歳の晴空くん。

髭男のプリテンダーの替え歌です。

歌詞がコロナウイルスの自粛によって、13歳の生活が一変してしまったことをよく表していますね。

友達や、部活・勉強など、学校へ行って本来なら学生生活を楽しみ、友達と仲良く過ごしている世代。

コロナウイルスへの感情がわかりやすく伝わってきます。

スポンサーリンク

晴空くんの歌がうまい!ギターも上手

プリテンダーの”感情のないアイムソーリー”を、”助けて安倍総理”と替え歌がセンスありすぎ!と話題に。

2万9000もリツイートされました。

晴空くん、歌がうまく、ギターも上手です。

おじいちゃんがギターの先生で、小さい頃からギターを習っていたんだそう。

スッキリではお2人に今回の反響にお話を伺っていました。

晴空くんと大村さんにインタビュー

トータルテンボスの大村さんと、13歳の息子さん、晴空くん。

大村さんは、「中学生の生の意見っていうのが歌につまってたんで、これは世間のみなさんに届けたいなと、そういう思いであげてみたらこんなに反響があるとは思いませんでしたね」と話していました。

息子の晴空くん。

将来は”BUMP OF CHICKEN”みたいなバンドマンになりたいです。もしデビューできたらまたスッキリに出てもいいですか」と、夢はバンドマン!

晴空くん、13歳なのにしっかりしていて、とても誠実できちんとした印象です。

将来が楽しみ。

デビューする可能性もありますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事