ヨガ ピラティス 呼吸法
スポンサーリンク

人気の高いピラティスやヨガ。

同じヨガマットのスペースで行うことができ、人気の高いレッスンですね。

スポーツクラブでレッスンを受講する場合は、大半のスタジオで、一律のスポーツクラブ代で受講することが可能なので、もしスポーツクラブへ通っている方でしたら、「ピラティス」、「ヨガ」のレッスンを受け、どちらも試してみるのが良いと思います。

自分にとって心地よく、合ったレッスンがおススメです。

スポンサーリンク

ピラティスとヨガの違いは?

ピラティスとヨガの違いは、呼吸法です。

ピラティスの呼吸は「胸式呼吸」と言われていますが、一般的に、普通の胸式呼吸とは異なる面があります。

丹田に力を入れ、おなかをふくらまさないように呼吸をし、鼻から息を吸い込む時も胸を開き、肋骨を膨らませるような形で呼吸します。

息を吐き出す時は口から。しっかりと息を出し切って、おなかをへこませた状態で、さらに肋骨を元の位置へ戻すようなイメージで。

ヨガの呼吸法は、鼻から吸って鼻から吐く、というゆったりとした腹式呼吸です。

呼吸を通し、リラックスすることが目的心身共にリラックスし、ヨガのポーズを行うことで良い効果を得られると言われています。

スポンサーリンク

身体のライン引き締めが目的ならピラティス

スポンサーリンク

ピラティスは、ハードな動きではないですが、やや強度の高いレッスンもあります

ハードな動きではないため、レッスン後疲れ果て、クタクタになるということはありません。

しかし、身体の部位を意識しつつ、トレーニングを行うので、ハードすぎないレベルでしっかりと身体を動かします。

ピラティスは元々はリハビリとして開始しており、身体の弱い部分を、負荷がかかりすぎないトレーニングで鍛え、バランスのとれた体型を目指します。

数名のピラティスの先生から教わったのですが、ピラティスの先生はスタイルが良い方が多いです。

痩せている方も多いですが、痩せすぎている、というわけではなく、引き締まった体型

40代、50代のインストラクターも引き締まった体型を維持しており、ピラティスは引き締め効果があるのではないか?と思います。

ダイエットのためにピラティスを、という場合、やはり食事制限は必要だと思います。

しかし、ピラティスのエクササイズは、身体の筋肉を強化し、インナーマッスルを鍛えることが目的なので、身体が引き締まってきます。

レッスンはやや負荷がかかる、という程度で、ハードな動きはないですが、レッスンを終えると心地よい疲労感を得ることができ、身体がスッキリします。

スポンサーリンク

リラックスし、身体を調整したいのならヨガがおススメ

腹式呼吸を行い、副交感神経を優位にすることが目的のヨガ。

レッスン開始後、5分から10分、しっかりと複式呼吸を行い、身体をリラックスする状態へ持っていきます。

レッスン中、いくつかポーズをとり、とったポーズの状態でゆっくりとした腹式呼吸を3回ほど行うのですが、普段使わない筋肉を使ったり、手や足を広げたり、斜めに伸ばすポーズなどを行うことで、身体も心地よい状態になります。

インストラクターも、ヨガの思想に基づいたお話をしてくれる方も多く、リラックスできるようなお話や、ヨガの教えに基づいたお話をしてくれることが多いです。

「解放する、手放すこと」、「今に集中すること」など、ヨガの考えに関連したお話を聞くことも多く、勉強になりました。

ポーズをとり、ヨガレッスンに参加することで、手足をしっかり動かし、身体が変わってくる方も多いです。

腰痛や肩こりが軽減した、という方や、寝つきが良くなった、という方も。

ヨガで痩せる、ということはあまりないかもしれません。(本格的なヨガスクールだと痩せるかもしれませんが。)

しかし、腹式呼吸で身体をリラックスさせ、しっかりと全身を動かすことで、身体が変わってきます。

レッスン後は心地よく、ヨガマットの上で5分ほど身体の力を抜いて横になることが多いのですが、眠っている方もいらっしゃいます。

強度の強いポーズをとることはなく、身体をしっかりと動かすことで、レッスン後は身体がスッキリして、心地良いのが魅力です。

まとめ

スポーツクラブで人気の高いヨガやピラティス。

マットの上で行うことができ、ハードな動きもないため人気のレッスンです。

ピラティスかヨガか迷った場合、もしもスポーツクラブに入会している方でしたら、大半の場所で、どちらのレッスンも受講が可能になると思います。

スポーツクラブでのレッスンでしたら、続けられそう、楽しめる、と感じる方を優先し、受講するのが良いと思います。

ピラティスは身体のバランスを整え、ヨガに比べるとやや強度が強いエクササイズです。

身体全身のバランスを整えるエクササイズですので、体重が大きく減る、というほどではないですが、身体が引き締まってきます。

食事制限を行いつつ、ピラティスを受講することで、ダイエット効果が出やすいのではないでしょうか。

ヨガは腹式呼吸を行い、身体をリラックスさせることが優先されます。

ポーズと呼吸を合わせ、身体の調整を行うことが目的です。

身体の変化は感じられますが、身体の引き締め、というよりは、身体の悪い箇所を整えていき、不調な症状を緩和させることを目的にしていると思います。

インストラクターからヨガの教えに関する話を聞くことができ、勉強になります。

身体の不調が改善した、という声も多いです。リラックスし、スッキリ心地良い状態になれるのが魅力です。

ヨガかピラティスか、と迷う方は、目的に応じて選ぶと良いかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事