スシロー
スポンサーリンク

2019年10月26日に放送された「ジョブチューン」で、従業員300人イチオシのスシロー商品TOP10を紹介。

スシローイチオシメニューVS一流寿司職人

寿司職人が、値段に見合った商品かジャッジしていました。

スシローの商品は、回転寿司ですがクオリティが高くとても美味しいですね。

一流寿司職人がジャッジするのも魅力。

7人中4人以上が合格を出せば商品は合格!

スシローイチオシメニュー・TOP10を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

2019年 スシロー従業員イチオシTOP10

スシロー引用元:https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%BC/id551682016

スシロー従業員イチオシTOP10の発表です。

2019年スシロー従業員イチオシTOP10

1位:天然インド鮪7貫盛り (980円)

2位:活〆煮穴子一本にぎり (1貫 300円)

3位:びんとろ2貫 (150円)

4位:コーン (2貫 100円)

5位:ぼたん海老 (1貫 300円)

6位:塩〆いわし (2貫 100円)

7位:炙りサーモン自家製タルタル(2貫 150円)

8位:新物いくら包み(1貫 100円)

9位:ほたて貝柱 (2貫 150円)

10位:漬けごま真鯛 (2貫 150円)

1位から10位まで発表されました。

スシローのお寿司は回転寿司ですが、かなりハイレベルで美味しいですね。

職人さんたちのジャッジも気になります。

スポンサーリンク

10位~5位 スシローランキング

スシローイチオシメニューVS一流寿司職人

10位から5位までの発表と感想です。

10位:漬けごま真鯛 (2貫 150円)

10位:漬けごま真鯛 (2貫 150円)

スシローオリジナルのごまダレを作り、漬け込んだ一品

合格7名:不合格0名・・・合格です!

・ゴマの香りとタイの香り、甘みが増していく感じがとても美味しかった

・味付けが抜群にちょうどよい塩梅。魚の味も残っており文句なし。

全員一致で合格です。

漬けごま真鯛、とても美味しいです!

上品な味に仕上がっていて、職人さんたちが満場一致で合格、というのも納得。

9位:ほたて貝柱(2貫 150円)

この投稿をInstagramで見る

 

どでかネタ祭は本日最終日 #スシロー

compliance23(@compliance23)がシェアした投稿 -


9位:ほたて貝柱

サイズが大きい国内のほたてにこだわっているということです。

水揚げされたほたては素早くさばかれ、急速冷凍されることで鮮度抜群。

スシローではおおぶりのホタテを厳選。

食感と素材の甘味が自慢、と人気の商品です。

合格名2:不合格5名・・・不合格です!

・甘味は全くなかった。冷凍してるからか水っぽい。

・貝の冷凍は難しい。戻し方もあるけれど、貝の良い歯ざわりがなかった

やや辛口の意見が多かったです。

貝は保存が難しいのかもしれませんね。

8位;新物いくら包み(1貫 100円)

新物いくら包み(1貫 100円)

収穫後すぐにスシローオリジナルのタレに漬け込んでいるのがポイント

いくらの素材本来の味を堪能できるのが魅力。

合格6名:不合格1名・・・合格です!

・バランスが良い。味付けを含め、いくらの量とシャリの量がちょうどよく美味しい

・軍艦だとのりが強過ぎちゃうのでむしろ良かった。のりのパリパリ感も楽しめて良かった。

という意見がありました。

いくらが大量に入っていて、お得感がありますね!

7位:炙りサーモン自家製タルタル(2貫 150円)

7位:炙りサーモン自家製タルタル(2貫 150円)

このネタが従業員から支持を得た最大の理由は、フレンチの一流シェフとコラボしたメニュー

炙りサーモン自家製タルタルは、フレンチの名店「神戸北野ホテル」のシェフと考案。

タルタルソースは「神戸北野ホテル」で使用されているものと同じ

カレー粉とフライオニオンをトッピングしているのも特徴です。

寿司とフレンチの匠の技が融合した炙りサーモン自家製タルタル。

店内でタルタルソースを作っているということで自信作だということです。

合格6名:不合格1名・・・合格です!

・シンプルに美味しかった・タルタルがバランスよく作られている。

・美味しかった。フライオニオンとカレーの風味がアクセントになっていて、美味しかった。

と、好評でした。

寿司とフレンチのコラボ、ぜひ食べてみたいです。

6位:塩〆いわし (2貫 100円)

塩〆いわし (2貫 100円)

店内で一枚一枚皮を剥いているのがポイントの塩〆いわし

脂の酸化を抑えるため、店内で皮むきしているとのこと。

イワシ本来の脂の旨味が味わえるのがポイント。

合格7名:不合格0名・・・合格です!

2回目の満場一致で合格

イワシってすごく難しい魚。臭みが出るし、小骨が多いのでこの2つが問題点。しかし、臭みが全然なくて、骨も当たらないし、ほどよい脂もあってビックリですね、美味しくて。

・100円で2貫、このクオリティは素晴らしい。

と好評価でした。

塩〆イワシ、かなり手間がかかっており、シンプルな食材だけに、バランスがとても難しいと思いますが、高評価。

スシローの企業努力のたまものですね。

5位:ぼたん海老 (1貫 300円)

5位:ぼたん海老 (1貫 300円)

今が旬の天然ぼたん海老をまるごと1本使用。

より美味しく食べるためのこだわりが。

生の海老は時間が経つと、臭み・変色が起きるため、鮮度と旨味を最大限に活かすため、店内で殻をむいています

ぼたん海老の頭は店内で揚げているため、身と頭、2つの品を楽しめる1品。

合格4名:不合格3名・・・合格です!

・海老の頭を揚げたものもついて、海老1本そのまま食べられるのは良い工夫かなと思いました。

・ぼたん海老最大の特徴の甘さ。僕には全く感じられなかった。

賛否がわかれましたが、合格です。

天然ぼたん海老が300円で食べられるのはスシローならではですね。

スポンサーリンク

4位~1位

この投稿をInstagramで見る

 

JUNKO(@junko7530)がシェアした投稿 -


4位から1位の発表と感想です。

4位:コーン

4位:コーン

老若男女に好まれるコーン。

スシロー創業当初からあるロングセラーのコーン。

美味しさの秘密に、スシローならではのこだわりがあります。

スイートコーンの2倍の甘さの「スーパースイートコーン」を使用。

コーンをゆでる際、少量の塩を入れ、甘味を強調するということです。

また、通常より卵黄の割合が多い特製マヨネーズであえることで、まろやかな味わいになっているんだそう。

合格5名:不合格2名・・・合格です!

・本当に美味しい。トウモロコシのボイルもすごく良かった。

・コーンの甘味・マヨネーズの酸味。のりの香り、シャリが三位一体となって本当に美味しかった。

コーン、食べたことがなかったです。

こだわった作りなんですね。

次回ぜひ食べてみようと思います。

3位:びんとろ2貫 (150円)

3位:びんとろ2貫 (150円)

脂のりがしっかりとしたビンチョウマグロ。

脂の甘さとトロッとした食感が特徴。

スシローのこだわりは、最も美味しいといわれる皮目の部分を厳選して使用

部位を厳選することで、より甘さが引き立ち、口の中でとろけるような食感を味わえるということです。

合格6名:不合格1名・・・合格です!

・美味しかったですね。2つで150円。1貫150円でも食べたい。お醤油との相性も抜群

・大変美味しかったです。こんなに美味しいびんとろはじめて食べました。

と大絶賛!

びんとろ、とても美味しいですね。

2位:活〆煮穴子一本にぎり (1貫 300円)

この投稿をInstagramで見る

 

fujimuuu(@fujimuuu)がシェアした投稿 -


2位:活〆煮穴子一本にぎり (1貫 300円)

脂乗りが良い穴子をまるまる1匹使った一皿。

味の決め手は調理法。

一度に大量の穴子を一緒に煮込み、穴子の旨味をより感じられるように仕上げているということです。

一度に大量の穴子を煮込むことで、身が柔らかく味が染み込むんだそう。

合格5名:不合格2名・・・合格です!

・柔らかく炊けて、ボリューム感もたっぷり。良い穴子を食べてるなって感じがしました。

・サイズ感もすごくいいし、当然味も美味しい!

大好評でした。

スシローの穴子、とても美味しいですね。

2位に選ばれるのも納得です。

1位:天然インド鮪7貫盛り (980円)

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto. K(@brilliant_red_)がシェアした投稿 -


1位:天然インド鮪7貫盛り (980円)

中とろ・大トロなど、1皿で鮪の全てを楽しめる7貫盛り

一般的な寿司店で使用されるのは、日本近海でとれる本マグロですが、スシローではインド鮪を使用。

このインドマグロには、本マグロに負けない美味しさがあり、甘みが強くどっしりとした濃い味わいが特徴だということです。

全員合格を目指したスシロー鮪づくし。

合格7名:不合格0名・・・合格です!

満場一致で合格です。

・美味しかったです。素直においしかった!食べた人がみんな喜んで帰ると素直に思いました。

・食べさせていただくのは3回目なんですけど、食べさせていただく度に美味しくなって、努力されているのがよくわかりました。

・赤身がシンプルに味が出てよかったです。赤身は本来の味の濃い味があり、バランスも良かった。

と、とても好評でした。

天然インド鮪7貫盛り、本当に美味しいですね。

980円でこのクオリティのお寿司が食べられるのは嬉しいです。

まとめ

10月26日に放送された「ジョブチューン」で、従業員300人イチオシのスシロー商品TOP10を紹介。

スシローイチオシメニューVS一流寿司職人

寿司職人が、値段に見合った商品かジャッジしていました。

スシロー従業員イチオシTOP10

1位:天然インド鮪7貫盛り (980円)

2位:活〆煮穴子一本にぎり (1貫 300円)

3位:びんとろ2貫 (150円)

4位:コーン (2貫 100円)

5位:ぼたん海老 (1貫 300円)

6位:塩〆いわし (2貫 100円)

7位:炙りサーモン自家製タルタル(2貫 150円)

8位:新物いくら包み(1貫 100円)

9位:ほたて貝柱 (2貫 150円)

10位:漬けごま真鯛 (2貫 150円)

職人さんたちのジャッジの結果、9位のほたて貝柱を除いて、のこり9品は全品合格!

スシローの企業努力が伝わり、納得のランキングでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事