ローストビーフ
スポンサーリンク

6月11日に放送された「ヒルナンデス」の”炊飯器だけで作れる超簡単レシピ”のコーナーで、炊飯器料理研究家・阿部剛子さんが、炊飯器で作るローストビーフを紹介していました。

本格的な料理も食材を入れるだけ!

火加減が難しいローストビーフがお手軽に作れるということです。

家庭で作る場合、火加減が難しいローストビーフ。しかし、炊飯器を使うと簡単に作れるようです。

スポンサーリンク

炊飯器で簡単ローストビーフ!

ローストビーフ

一般的に作ると、やや手間がかかり、火加減が難しいローストビーフ。

炊飯器を利用することで簡単に作れるということです。

一般的なローストビーフの作り方

フライパンで肉の表面に焼き目をつけて、温度調整をしながらオーブンで焼いて、その後に寝かす、という形で時間がかかってしまいます。

なんと、炊飯器の「ある機能」を使うことで、プロの味が出せるということです。

スポンサーリンク

ローストビーフの材料(4人分)

牛モモかたまり肉:400g

玉ねぎ:1/2個(刻みたまねぎにしておきます)

にんにく:1/2片

ローリエ:1枚

赤ワイン:1/2カップ

しょうゆ:大さじ3

塩:小さじ1/2

胡椒:少々

バター:10g

酢:大さじ1

ハチミツ:小さじ1

炊飯器 ローストビーフの作り方

炊飯器を使って簡単にローストビーフが作れるということです。

本格的なローストビーフ。炊飯器を使うことで、火加減も問題なく、美味しく作れます

今回は炊飯器の機能を活用するので、しっかりと手順通り作って下さい。

炊飯器ローストビーフの作り方

1.焼き目をつけたいお肉を先に入れます

2.刻みたまねぎを肉のまわりに敷き詰めます。

3.赤ワインとお酢、しょうゆ、ハチミツを加えます。

4.香りづけにローリエをお肉の上へ置き、胡椒、バターを加えます。(バターもお肉の上に

5.炊飯ジャーの「早炊きモード」を使います。早炊きモードのスイッチオン。

6.5分後炊飯途中でスイッチオフ。たった5分で焼き目がついています。

7.次は保温モード」で約15分じっくり炊飯器で煮込みます

8.ローストビーフの完成です。スライスして盛り付けて完了です。

完成したローストビーフは火加減もちょうどよく、とても美味しそうでした。

スタジオのメンバーの方たちも、美味しい!と好評です。

しっかりと味もしみこんでいて、炊飯器でローストビーフを作れることに驚きました!

保温モードで低温調理 味がしみたローストビーフに!

本来ローストビーフはオーブンで低温加熱して味を染み込ませていくため、調理時間がかかります。

しかし、炊飯器を利用する場合、保温モードで15分放置すると、肉にソースが入り込んでいくということです。

炊飯器の釜はフッ素加工されているので焦げ付く心配はない、ということで、安心ですね!

炊飯ジャーの炊き分け機能をチェック!

ローストビーフの場合は、まず、「早炊きモード」を使います。

早炊きモードは数分で急速に温度を上昇させるため、お肉のうま味を中にしっかり閉じ込めてくれるんだそうです。

保温モードは大体60~70度と、一定の温度を常に保ち続けてくれるということです。

そのため、保温モードは低温調理にうってつけ

炊飯器のローストビーフは「保温モード」で約15分じっくり蒸しているので、旨味甘味が凝縮され、美味しく作れるということです。

たった20分。オーブンやフライパンを使わずに、炊飯器だけでローストビーフが完成

炊飯ジャーを使うことで、時間短縮でき、洗い物も少ないので助かりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

炊飯器1つで完成!ローストビーフは片付けもラクチン

炊飯器で作るローストビーフ。

わずか20分でとても美味しく完成します。

片付けも炊飯器の釜を洗うだけで良いので助かりますね!

家庭で食べる場合も良いですが、ホームパーティや親戚など、お客様を招待する時に作っておくと喜ばれると思います。

たった20分で完成するので、パーティなどの場合助かりますね。

炊飯器で完成したローストビーフはとても好評で、美味しそうでした。

手間がかかりそう・・・・という印象が強く、自宅で作ったことはありませんが、炊飯器でお手軽にできるので、作ってみようと思いました。

炊飯器の機能をうまく使い分け、活用している炊飯器料理研究家・阿部剛子さん

説明もわかりやすく、ためになりました!

スポンサーリンク
おすすめの記事