サバの味噌煮
スポンサーリンク

6月22日に放送された「世界一受けたい授業」

渋川祥子先生が、炊飯器を使ったサバの味噌煮を紹介してくれました。

炊飯器を使うことで簡単に調理できるということです。

炊飯器で作るサバの味噌煮、のレシピを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

炊飯器で作るサバの味噌煮

サバの味噌煮

サバの味噌煮・材料

・サバ2切れ

・味噌 大さじ2

・砂糖   大さじ2

・お酒 大さじ2

・しょうゆ 大さじ1

・みりん 大さじ2

・水 大さじ4

・しょうが 適量

炊飯器を使って作るサバの味噌煮ははじめて聞いたのですが、とても簡単そうです。

洗い物も減り、火加減によってはサバの身が固くなってしまうこともあるので、炊飯器で作れば失敗することがなさそうですね

炊飯器で作るサバの味噌煮レシピ

1.はじめに、調味料を混ぜていきます。

2.味噌・砂糖・お酒・しょうゆ・みりんをしっかりと混ぜます。

3.調味料に水を加え、よく混ぜます。

4.保存袋に調味料を入れ、刻んだショウガ・サバを入れます。

5.保存袋の空気を抜き、ジッパーを閉めます。

6.70℃のお湯を注いだ炊飯器に保存袋ごと入れます

7.20分程度保温すれば完成です。

ゲスト出演していた武井壮さんは、「お魚の身がジューシーで味がしみこんでいてめちゃくちゃおいしい」と、とてもふっくらして美味しいと絶賛。

「すべてのおいしさが詰まっている」と大好評

サバの身もふっくらしていて、とても美味しかったようです。

炊飯器で20分だけでもしっかりと味噌の味がしみこんでいるようです。

サバもふっくらしている、ということで、炊飯器を使って作るほうが美味しく作ることができそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

6月22日に放送された「世界一受けたい授業」

渋川祥子先生が、炊飯器を使ったレシピを紹介してくれました。

今回は、「炊飯器で作るサバの味噌煮

味噌煮用の調味料を合わせておき、保存袋に入れ、サバの切り身も追加。

炊飯器の釜に、70℃のお湯を入れ、保存袋に入れたサバを炊飯器の中へ

20分保温にし、サバの味噌煮の完成です。

かなり短時間で調理できそうですね!

炊飯器の保温の状態で20分、ということですが、しっかりと味がしみこんでおり、サバの身もやわらかく、とても美味しいようです

一般的な手順でサバの味噌煮を作ると、火加減によっては身が固くなってしまう、ということもあります。

炊飯器を使うことで、味もしみこみ、柔らかくふんわりしたサバの味噌煮が食べられそうですね!

炊飯器の釜に70℃のお湯を入れ、保温状態で調理、というのも新鮮でした。

手間がかからず時短調理できるのも魅力ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事